クレジットカードの現金化でバレない方法とは?

menu
HOME » クレジットカード現金について » クレジットカードの現金化でバレない方法とは?

クレジットカードの現金化でバレない方法とは?

クレジットカードの会社では利用履歴から現金化を目的としていないかを判断しています。
現金化を目的として利用してないかは、自動的にピックアップできるシステムにより日々明確にされています。
そこで、クレジットカードで現金化してもバレない方法についてご紹介をしていきます。

・クレジットカードの現金化がバレないようにするためにはどうしたらいい?
クレジットカードの現金化は高級なものをたくさん買ったり、換金性の高い商品を大量に買ったり、尚且つキャッシング枠が限度額いっぱいまで利用している人はバレやすいです。
そこで、少しでもクレジットカードの会社から目を付けられないようにするには、キャッシング枠を限度額いっぱいまで使わない、換金性の高い商品ばかりを買わない、現金化する上で有名な商品を買わないことに注意しましょう。
また、クレジットカードの現金化を目的として、頻繁にカード決済をしないというのも目を付けられないポイントとなるので覚えておきましょう。

・クレジットカードの現金化は自分でやるよりも業者を利用した方がバレない!?
クレジットカードの現金化は自分でした方がバレないイメージがあります。
しかし、実際には業者に現金化をお願いした方がバレないと言われています。
それは、業者にお願いをした場合、決済代行会を利用するためクレジットカードの会社が何を買ったのかが把握しきれなくなるからです。
これにより、現金化をはかっていることがバレにくいということになります。
業者に現金化をお願いするときは手数料がかかるのですが、現金化がバレてカードの利用が停止になることを考えればリスクを軽減できるので、どうしても現金化をしたいという場合は業者にお願いをしたほうがいいと思います。
自分で現金化をはかる場合は手間やバレるリスクを考えなくてはなりませんが、業者にお願いをすれば手数料を支払うだけでそのリスクを減らすことができ、安全に現金化ができるようになりますよ。