クレジットカードで現金化をはかるときの注意点

menu
HOME » クレジットカード現金について » クレジットカードで現金化をはかるときの注意点

クレジットカードで現金化をはかるときの注意点

クレジットカードで現金化をはかるとき、自分で行った方がいいのではないかと考える人は少なくありません。
しかし、自分で現金化をはかるときは注意点をよく確認してから行うようにしましょう。
注意点をよく確認しないとクレジットカードの会社に不審に思われ、カードの利用が停止してしまう可能性もあります。

・クレジットカードを使った現金化の注意点とは?
自分で現金化をはかるときは買取式で現金を手に入れるしかありません。
そのやり方によっては転売目的として商品を購入していると思われてしまうので、注意点としては同じ商品を大量に購入したり、高い商品ばかりを購入するというのはやめましょう。
現金化をするときにもっとも換金率が高いのは新幹線の回数券です。
回数券をクレジットカードで決済する場合の注意点は、大量に購入しないことと居住地区とは関係のない区間の回数券を購入しないことです。
こういった行為は転売目的として購入したのではないかと思われてしまうので、カードの利用が停止する可能性が高いので注意しましょう。
比較的家から近い区間の回数券を購入して、少しずつあの手この手で現金化をはかるようにするといいと思います。

・単価が安いものは大量に購入しないと現金化で得られる金額も少ない!
高額な商品ばかりを購入しない方が、クレジットカードの会社に現金化を行っていることがバレにくいです。
しかし、単価が安いものを購入してしまうと、売っても現金化で得られる金額が少なくなるので大量に購入しないと大幅な現金化ははかれません。
単価が安いものばかりを購入するやり方は転売目的として見られてしまうので、こういった場合はキャッシュバック式を利用して賢く現金化をはかったほうがいいでしょう。

自分で現金化をするときは簡単に高額で換金してもらえるものを選択しがちですが、大量に購入したり高いブランド物ばかりを購入していると、目をつけられてしまう可能性があります。
高いブランド物で現金化をはかるときは、ボーナスシーズンやクリスマスなどの時期に行うのがベストだと思います。