クレジットカードで現金化する人たちってどんな人?

menu

クレジットカードで現金化をする理由と注意点

クレジットカードはキャッシング枠でお金を借りたり、ショッピング枠で買い物をしたりできるのですが、クレジットカードを現金化するという目的で利用している人もいます。
そこで、クレジットカードを現金化する理由と注意点についてご紹介をしていきます。

▼ 目次

クレジットカードを使って現金化をする理由とは?

クレジットカードの現金化は危険と言われているのですが、たくさんの人たちが現金化をはかる理由は何なのでしょうか。
クレジットカードはショッピング枠がついているのはもちろん、申請をすればキャッシング枠もつけられます。
その割合は自分の好きなように決められ、限度額が50万円のクレジットカードの場合30万円分のショッピング枠に対し、残りの20万円分をキャッシング枠として利用できます。
人によってはショッピング枠で50万円分使えるようにしている人もいて、キャッシング枠が付いていないということで現金が急に必要となりクレジットカードで現金化をはかる人が多いです。
また、キャッシング枠が少なくて限度額を超えていて現金が必要な場合、限度額を増やしたいけど審査が済むまで待っていられない、そもそもキャッシング枠がついていないという人が利用しているというケースが多いです。

限度額を増やすのにかかる時間はどれくらい?

一般的なクレジットカードは、普通に利用をしていればキャッシング枠をつけてもらうのはたやすいことです。
しかし、ショッピング枠の審査は個人信用情報により、クレジットカードの利用が可能なのかや限度額を増やしてもきちんと支払えるかが検討されます。
この審査により、どれくらいの支払い能力があるかが計算され、職種や手取りなどをチェックした後で限度額を増やしてもらえます。
審査では過去に延滞をしたことがないかや遅延履歴がないかなどを細かく確認し、増額をしてもきちんと支払ってもらえるとカード会社が判断すれば、ショッピング枠の限度額を増やしてもらえます。
カード会社によっては電話をすればすぐに増額してもらえるというところもあるのですが、一般的なものでは増額を希望してから数日程度で自宅に書類が届き、必要事項を記入したうえで送り返すという作業が必要になります。
この作業が面倒なことで、現金化をはかった方が面倒な手間がかからないという理由でクレジットカードを使った現金化をする人も増えています。

・過去にブラックリストに載った人でもクレジットカードが作れて現金化が出来る!
過去に延滞をしてしまった、ということでブラックリストに名前が載ってしまったという人も多いのではないでしょうか。
最近では審査が甘くて簡単にカードが作れるところもあり、こういったカードを使えば現金化が出来ます。
ブラックリストに載っている場合は限度額も少なくて、キャッシング枠をつけてもらえないこともありますが、カードのショッピング枠を利用すれば現金化で現金を手にすることが出来ます。
この方法であれば枠増額を行うことなく現金を手に入れられ、入金までにかかる時間も少なくなります。

クレジットカードで現金化をするときの注意点!

クレジットカードで現金化を行うことは違法ではないのですが、利用契約違反となりバレてしまうとカードの利用が停止になる可能性もあるので注意しましょう。
一般的に行われている手法を見てみると、クレジットカード決済で商品を購入し売るというケースが多いです。
この手法であれば現金化をはかっているとバレにくいため、購入して売った差額分が現金化で獲た金額となります。
しかし、高額なものを多数買ったり、同じものばかりを購入してしまうとカード会社が不審な行動として観察するようになるので注意しましょう。

現金化をする人たちの中には主婦の人もいる!?

現金化をはかる人の中には主婦や学生という人もいて、現金が必要になりやむおえず現金化をしてしまったという人もいます。
また、現金化は家族にバレにくいため、急な出費が出来たというときに利用する人が多いようです。
学生の場合はバイトをしながら旅行や遊びに行くお金が必要になり、現金を用立てる手段はないかということで利用する人が増えています。
仮に、旦那さんのカードを奥さんが持っていて限度額を増やすとなると、旦那さんの会社に連絡がいくことも考えられます。
しかし、現金化の場合は旦那さんの会社に連絡がいくこともないので安心だと考え、現金化で現金を手に入れた方がバレにくくて手っ取り早いと考える人もいます。

現金化は違法ではないのですが、グレーゾーンであることは間違いありません。
正しい方法で行わないと危険ですし、現金化をはかる前にある程度の知識を勉強しておくべきだと思います。
勉強不足のままクレジットカードで現金化をはかると、カードの利用が停止となる可能性もあるので自分で行うことは避け、現金化業者を通して現金化をはかっていくやり方がいいのではないかと考えられます。

参考になるサイトでいくつかのクレジットカード現金化業者の評判をチェックして優良店舗を探しましょう。